お得な情報

2017年10月

腰に負担が掛かる時は、コルセットを活用しましょう

必要に応じてコルセットも使うべき


腰の状態が良くないときは、なるべく負担をかけないようにしたいものです。
しかし仕事や家事の都合で、どうしても負担がかかる、負担をかけざるを得ない、という場面もあると思います。
  • 運送業をはじめ、重いものを持ち運びする仕事
  • 介護などで人を介助する場面
そういった時は、腰が無理な動きをしないように、コルセットを装着するのもありだと思います。

 
実際に、引っ越し業者のベテラン社員でコルセットは欠かせない、という知人もいます。
無理せず腰痛を治すことに専念はできないのかな?とちょっと気の毒になりますが…。
でも、コルセットなども付けず無理をして更に腰痛を悪化させるよりも、積極的に活用するほうが良い場合もあります。

コルセットというと、布でカバーされたかなり分厚い樹脂製のものを想像してしまうのですが、最近は強力なベルトと通気性の良いサポーター素材でできた、軽くて装着性のよいものが通販で買えるようになっているのでご紹介します。
 

お医者さんのがっちりコルセット

がっちり、と言っていますが、見た目にはそんなに堅そうなものではありません。秘密は強力な3本のベルトだとか。
でもこれで腰を無駄に動かないようにしてくれるので、椎間板への負担が減ります。

この「お医者さんのがっちりコルセット 」は、「お医者さんのコルセット プレミアム 」の後継製品で、ベルトを3本に増やしたもののようです。
まだ利用者が少ないのか、使用した人の声は少ないのですが、元となっている「お医者さんのコルセット プレミアム 」のほうはとても好評です。
 

お医者さんのコルセット・プレミアム

こちらのサイトに購入者の声も掲載されているのですが、これまでにかなり売れているので、非常に多くの感謝の声が寄せられています。
こちらの「お医者さんのコルセット プレミアム 」は、使っているベルトは2本なので、「お医者さんのがっちりコルセット 」よりはソフトな使用感になります。

コルセットには用途に応じて様々なものがありますが、この2つのコルセットは、これまでいくつかコルセットやサポーターを試してみたがあまり効果がなかったりフィットしなかった方や、腰痛があっても腰を使う仕事の方にお勧めです。

日本整形外科学会専門医と共同開発しており腰の余分な動きやブレを支えるように作られていることです。幅広で2本または3本のベルトと4本入っているステーで腰回りのサポート力がしっかりしています。

また、通気性に優れたテクノファインというメッシュ生地を採用しており、長時間・長期間使えます。
巻きつける強さも微調整できるので、自分の腰の状態に合った強さで装着できるのも長所です。
 

いくつかコルセットやサポーターを試してみたがあまり効果がなかったりフィットしなかったなぁ、という方には「お医者さんのコルセット プレミアム 」が、かなり腰痛に悩まされている方、腰痛が多少あっても日常どうしても腰を使わなければならない方には、ベルトが3本入った「お医者さんのがっちりコルセット 」がお勧めです。
 

≫ 続きを読む

2017/10/20 腰痛   master

目を酷使するあなたに「めばえ」もお薦めです

毎度ありがとうございます。
アラフィフ店長でございます。

やわたの「めばえ」は販売を終了しました。ルテイン含有量が25%増加した後継製品「メラックスeye」が発売されています。

 



ルテインを豊富に含有する「めばえ」とは


「めばえ」は、「やわた」こと八幡物産が販売している話題の機能性表示食品です。
1粒にルテインが1日の最低限必要量の3倍以上にあたる20mg配合されています。

ルテインには、パソコンやスマホなど電子機器から発せられるブルーライトなどの光の刺激から目を保護し、目の調子を整える機能があります。
また、目のコントラスト感度=色の濃淡を認識する力を改善します。
これは、乱反射したブルーライトをルテインが吸収することによって、ぼやけて見えるのが改善される、というものだそうです。

ルテインはサプリメントで補うしかない

体内のルテイン量は、年齢とともに減っていくとともに、自分で作り出すことはできません。そのため、サプリメントなどで積極的に補っていく必要があります。
機能性表示食品めばえで、クッキリ・スッキリ生活をはじめませんか?

どんな人におすすめ?

めばえは老若男女問わず、こんな方にオススメです。
ぼやけが気になる方
パソコンやスマートフォンなど光の刺激が気になる方

ルテインの含有に特化している分、価格もお安めになっています。
直販サイトから購入すれば、万一商品に満足いかない場合でも返品・返金可能なので、試してみてはいかがでしょうか。
 

≫ 続きを読む

2017/10/03 健康食品   master