お得な情報

腰痛の軽減や予防に役立つクッション・座椅子

悪い姿勢を続けると腰に負担が掛かります

悪い姿勢で長時間デスクワークを行うと、腰に負担が掛かったり、ひどい肩こりになったりします。
なるべく良い姿勢でイスに座って作業したいものですが、本人が気付かないうちに姿勢が悪くなってしまうものです。
ちなみに、店長はお世辞にもあまり良い姿勢でデスクワークしていませんでした。
だからストレートバックになったり、椎間板ヘルニアになってしまったのかもしれません。

日常生活では、デスクワーク以外にも、車の長時間の運転で腰に負担をかけていたり、リビングでくつろいでいる時でさえ、腰にとっては無理な姿勢を続けていることもあるのです。
そこで、腰の負担を軽減し腰痛予防にもつながる優れもののクッションなどを使うことをお勧めします。
 

ボディバランスクッション「スタイルキーパー」


なかなか良い姿勢を保つことができない、つい背中が丸まったり首をすくめたような姿勢になってしまう、といった悩みを解消してくれるのが、ボディバランスクッション「スタイルキーパー 」です。
イスなどの座面に敷いて座るだけで、骨盤のバランスを取り、健康的な姿勢がキープできる「姿勢のサポートクッション」です。
 

スタイルキーパー の特長は、優れた形状、使い方が簡単なこと、スポーツシューズにも使われる素材を使い長持ちすること、などが挙げられますが、店長の気に入った点は「持ち運びが容易」なこと!
お尻がフィットしやすい特徴的な形状と、少しだけ座面を前傾にすることで、骨盤のバランスが取れ、良い姿勢を長く続けられます。
 

ドライバーにお勧め「ソルボらく楽コンフォートマット」


また、長時間座りっぱなしといえば、運転手。長距離トラックのドライバーなどは時々休憩を挟んでいても、一日の大半は運転席に座っていて大変ですよね。
運転席に同じ姿勢で座り続けるような方にお勧めなのが、人工筋肉ソルボを用いた「ソルボらく楽コンフォートマット 」です。
ソルボらく楽コンフォートマット の特長は、なんといっても素材として使われている人工筋肉ソルボ。
人間の筋肉は衝撃に対して素早く変形し、ゆったりと復元して衝撃を吸収し、圧力も分散します。
 

イギリスの医療分野から生まれた「ソルボ」はその驚異的な衝撃吸収力と圧力分散性能を実現する人工筋肉として、医療の現場で高く評価され、今やメディカルからインダストリー分野まで幅広く使用されているそうです。
そんな「ソルボ」をクッション材に使ったソルボらく楽コンフォートマット は体圧を分散するように臀部を包み込んで安定させるため、長時間運転時の腰の負担を軽減してくれるのです。
 

座椅子生活なら「美姿勢座椅子」


床に座椅子で、というライフスタイルの方も多いですよね。しかし、座椅子って意外と疲れます。そんな「床に座椅子生活」の方にお勧めしたいのが、腰が辛くならない抱っこする座椅子「美姿勢座椅子」 です。
腰にやさしい椅子として、前傾姿勢で座るようにデザインされたものがありますし、先に紹介したスタイルキーパーもクッション全体が前傾になっています。そして、この美姿勢座椅子 、通常の使い方もできるのですが、抱っこして座る、という使い方ができることが大きな特長なのです。
 

この「美姿勢座椅子」は大変好評で、生地の種類や大きさに様々なバリエーションが登場しています。ベーシックなメッシュタイプやクラシックな柄のもの、そしてマイクロ起毛生地を使った「もふもふ」タイプ。こちらのサイトのもふもふの写真を見ているだけで気持ちよさそうだなぁって想像してしまいません?

 
2017/11/04 腰痛   master
≪ 腰に負担が掛かる時は、コルセットを活用しましょう     UCCドリップポッドで手軽に美味しいドリップコーヒー ≫

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください