店長ブログ

ストレッチ

店長の腰痛体験談4:治療、そして快方へ

腰痛の原因が椎間板ヘルニアということがわかり、投薬と牽引などの理学療法を行う、と説明されました。
牽引って効くのかな?という疑問はありますが、とりあえず言うことに従って牽引を受けることにしました。
理学療法を行う階に案内され、行ってみると、大勢の患者さんがいろいろな治療を受けています。
マッサージ、電気療法、牽引、他にもいろいろあるのですが、覚えきれません。

店長もいきなり牽引を受けることになりました。

牽引器具が付いた台に仰向けになり、腰に牽引器具のバンドを付けて、引っ張られます。
仰向けに寝る時点でかなり痛いのに、さらに腰を引っ張られ、訳が分からない?!
痛いし不快だし、これって効いているの?!
2回引っ張ってもらった時点で、ギブアップ!施術者の方もすぐにやめてくれて一安心…。
マッサージもしてもらった気がしますが、牽引がものすごく嫌になった印象しか残っていません…。
 

治療にかかった費用と効果


理学療法を終えて、薬の受け取りと支払いです。
薬は下記のものを10日分出されました。
・ムコスタ錠100mg
・ソレトン錠80
・リリカカプセル25mg
このうち、リリカカプセルというのは神経障害性疼痛に対して効果が期待できる比較的新しい薬とのことです。ただ、眠くなる、太るなどの副作用が強いことも報告されているそうで、やはり少し心配になります。
そして、会計。こちらの病院では院内処方なので、薬代も含めて7,440円。このうち、70%以上を占める1777点がMRIでの画像診断に関する費用でした。最初はビックリしましたが、原因が解明できたという効果を考えると高くないかもしれません。

結局3回の通院と30日分の投薬によって痛みはかなり無くなりました。痛みがなくなったのは治療が適切だったのか、はたまたマクロファージのような自然に治癒する身体のメカニズムのお陰なのか定かではありませんが、通院の必要もなくなりました。
ちなみに2回目の通院でも理学療法を受けました。電気刺激と牽引でしたが、電気刺激についてはあまり強くしなかったので、効いたかどうかよくわかりませんでした。また、2度目の牽引もやはり不快なものだったので、早々にやめてもらいました(泣)
また、リリカカプセルの副作用は、眠気については感じましたが、そもそも通院前の寝不足によるものかどうかわからないため、あまり気にしないようにしました(笑)
そして、3回の通院での治療費総額は 約11,000円になりました。でも、1ヶ月の通院で終わったので、安上がりだったのではないかと思います。
 

その後の腰痛予防対策


医師に言われたストレートバック(フラットバックとも言うそうです)を放っておいては良くない、と考え、次の点を日々心掛け、なるべく実行するようにしています。
・良い姿勢で立つ、座る
立っている時は背筋をピシッと伸ばし猫背にならないようにする、座っている時も同様に猫背にならないようにする。
・ストレッチを時々行う
「時々」というのは、気が向いたとき、あるいは肩や背中、腰がつらいな、と思った時、という程度です。日課のように行おうとすると、かえって負担になるので(笑)。
今のところ、この腰痛予防対策は有効で、椎間板ヘルニアによるお尻や足のしびれは余程のことがない限り起こっていません。

店長の腰痛体験談はここまでにして、これからは「腰痛対策」に良いものを、経験者の観点で紹介していきますので、参考にして頂ければ幸いです。

≫ 続きを読む

2017/09/20 腰痛   master