店長ブログ

2017年12月

おすすめの風呂用洗剤「バスマジックリン泡立ちスプレー除菌消臭プラス」

いつもありがとうございます。アラフィフ店長です。
「俺の掃除」へのこだわりについて、時々紹介しています。

普段の風呂掃除でカビ予防できるといいですよね

風呂掃除について続けて書いていますが、やっぱり大変なのはカビだと思います。鏡の水垢や浴槽の湯垢のこびりつき、水栓やシャワーの汚れなども大変といえば大変です。しかし、汚れは洗剤を中心に研磨剤入りのものも使えば取れるものですが、カビは簡単には取れません。取れたと思っても菌は生き延びていてまた生えてくる、の繰り返しになりがちです。
いったんカビが生えてしまうと大変なので、カビが生えないように予防すればよいのではないでしょうか。それには普段の風呂掃除が重要なのですが、できれば普段の風呂掃除で楽にカビ予防できるといいですよね。

カビのエサになるピンク汚れ

風呂の汚れのうち、カビと混同されている「ピンク汚れ」もなかなかしつこいです。人によってはピンクカビとか赤カビと呼んでいるようですが、最近の調査でこのピンク汚れはカビではなく細菌(バクテリア)が正体であるとわかってきました。
「メチロバクテリウム」という細菌(バクテリア)の一種で、細菌自体がピンク色をしているのだそうです。こいつも菌であり、かつ乾燥や洗剤にも強いそうなので、一度発生すると繰り返し同じ場所に発生することになるのだとか。
そして、店長の経験上、このピンク汚れが発生したパッキンにはやがてカビが生えてしまいます。汚れや、この細菌がカビにとって栄養となるので、当然かもしれませんね。
また、最近のユニットバスの床は昔のようなタイル貼りではなくなった上に水はけがよい構造になり、カビは生えにくくなったのですが、そんな床でもこのピンク汚れは発生してしまうのです。

そんなピンク汚れを予防する洗剤、バスマジックリン除菌消臭プラス

ピンク汚れの正体を突き止めたのが、あの花王さんなのですが、ピンク汚れの原因である細菌(バクテリア)を除菌してくれるのが、今回紹介するバスマジックリン 風呂用洗剤 泡立ちスプレー 除菌消臭プラスです。
店長も風呂用洗剤はこの「除菌消臭プラス」に変えました。以前は普通のバスマジックリン(黄色い液のおなじみのやつです)を使っていたのですが、ピンク汚れの発生は防げませんでした。案の定、ピンク汚れが発生したパッキンはカビの餌食に…。カビキラーなどのカビ取り剤を使ったカビ退治→普段の掃除でピンク汚れ発生→カビ発生→カビ退治…の無限ループになるところだったのですが、この「除菌消臭プラス」に変えてからはピンク汚れが発生しなくなりました。つまり、ループの元を絶つことができたのです!

液性も中性なので安心、難点はつい使いすぎること?

除菌効果のある洗剤には、酸性のものも多いのですが、この「除菌消臭プラス」は中性なので部材を痛めることも少なくて安心です(もちろん、使用上の注意はよく読んでお使いください)。
それでいて、除菌効果があるので、本当にピンク汚れは発生しなくなりました。以前は床にもピンク汚れは発生したのですが、「除菌消臭プラス」に変えてからは、ほとんど皆無になりました。消臭効果もあるので、バスルーム固有のこもった臭いも減りました。

問題点は特にないのですが、強いて言えば、バスマジックリン泡立ちスプレーは使いすぎてしまうのです…。これは泡立ちスプレーシリーズ全体で言えることかもしれません。
 

≫ 続きを読む

2017/12/27 俺の掃除   master

風呂掃除は夫の大事な仕事

いつもありがとうございます。アラフィフ店長です。
「俺の掃除」へのこだわりについて、時々紹介してみます。
「風呂掃除は夫の大事な仕事」という内容ですが、家事の分担の面でも、風呂という場所へのこだわりという面でも、オトコが率先してやるほうが良いと思うんです。
 

キッチンが奥さんなら、風呂は旦那さんが


食事の支度と後片付けを夫婦が平等に分担しているのであれば別ですが、たいていは食事の支度は奥さんが行って、後片付けやキッチンの掃除も奥さんが主担当、って家が多いと思います。
キッチンは風呂とは比べ物にならないほど調理器具や食器、食材がたくさんあり、それらのほとんどは奥さんの管理下にあると思います。

そして、風呂は家の中でもキッチンに次いで汚れる場所です。湯船につかれば、浴槽に湯垢がついてしまい、石鹸やシャンプーで洗い落とした汚れは全てきれいさっぱり排水に流れていくわけではなく浴室の隅のほうや床に残ってしまうものです。
つまり、意外に汚れているものです。そして、浴室は意外と複雑です。浴槽、シャワー、鏡、桶や洗面器にイス、棚があったり手すりがあったり、といろいろなものがあります。
また、床から天井まで汚れます。男女を比較すると男性のほうが天井に手が届く確率は高いので、旦那さんが風呂掃除をやれば天井までキレイに掃除できるってことですよね。
 

風呂へのこだわりも旦那さんのほうが強い(?)


よく注文建築の雑誌記事などで、風呂は一日の疲れを取る場所だから、とか、くつろぐ場所だから、という旦那さんの意見でこだわりの風呂を作った、という話を見聞きします。
そうでなくて普通のマンションや建売住宅に住んでいる場合でも、男性は「ゆっくり風呂に入りたい」と考える人は多いと思います。

そんなことないって?

まあ、それはともかく(笑)、もし「こだわりの風呂」を持つ旦那さんであれば、風呂掃除にもこだわって頂きたいと思うのです。
例えば、ジェット水流付きの浴槽がついている、とかミスト機能がついている浴室、であれば旦那さんが定期的な手入れを行う、など。

旦那さんがきれいに掃除したお風呂で、たまに奥さんがアロマ風呂してみようかな、と言ってたら喜んで協力してあげると、旦那さんも株が上がるかもしれませんよ。

≫ 続きを読む

2017/12/03 俺の掃除   master
タグ:俺の掃除