店長ブログ

風呂掃除は夫の大事な仕事

いつもありがとうございます。アラフィフ店長です。
「俺の掃除」へのこだわりについて、時々紹介してみます。
「風呂掃除は夫の大事な仕事」という内容ですが、家事の分担の面でも、風呂という場所へのこだわりという面でも、オトコが率先してやるほうが良いと思うんです。
 

キッチンが奥さんなら、風呂は旦那さんが


食事の支度と後片付けを夫婦が平等に分担しているのであれば別ですが、たいていは食事の支度は奥さんが行って、後片付けやキッチンの掃除も奥さんが主担当、って家が多いと思います。
キッチンは風呂とは比べ物にならないほど調理器具や食器、食材がたくさんあり、それらのほとんどは奥さんの管理下にあると思います。

そして、風呂は家の中でもキッチンに次いで汚れる場所です。湯船につかれば、浴槽に湯垢がついてしまい、石鹸やシャンプーで洗い落とした汚れは全てきれいさっぱり排水に流れていくわけではなく浴室の隅のほうや床に残ってしまうものです。
つまり、意外に汚れているものです。そして、浴室は意外と複雑です。浴槽、シャワー、鏡、桶や洗面器にイス、棚があったり手すりがあったり、といろいろなものがあります。
また、床から天井まで汚れます。男女を比較すると男性のほうが天井に手が届く確率は高いので、旦那さんが風呂掃除をやれば天井までキレイに掃除できるってことですよね。
 

風呂へのこだわりも旦那さんのほうが強い(?)


よく注文建築の雑誌記事などで、風呂は一日の疲れを取る場所だから、とか、くつろぐ場所だから、という旦那さんの意見でこだわりの風呂を作った、という話を見聞きします。
そうでなくて普通のマンションや建売住宅に住んでいる場合でも、男性は「ゆっくり風呂に入りたい」と考える人は多いと思います。

そんなことないって?

まあ、それはともかく(笑)、もし「こだわりの風呂」を持つ旦那さんであれば、風呂掃除にもこだわって頂きたいと思うのです。
例えば、ジェット水流付きの浴槽がついている、とかミスト機能がついている浴室、であれば旦那さんが定期的な手入れを行う、など。

旦那さんがきれいに掃除したお風呂で、たまに奥さんがアロマ風呂してみようかな、と言ってたら喜んで協力してあげると、旦那さんも株が上がるかもしれませんよ。
2017/12/03 俺の掃除   master
タグ:俺の掃除
≪ 室内で潤滑剤を使うならペンタイプのKURE 5-56がおすすめ     おすすめの風呂用洗剤「バスマジックリン泡立ちスプレー除菌消臭プラス」 ≫

この記事へのコメント

コメントを送る

  ※ メールは公開されません
Loading...
 画像の文字を入力してください